San Francisco Championshipを終えて

San Francisco Championshipの放送を終えて、

今週素晴らしいプレーを見せてくれたリディア・コの復活優勝の要因と、

今年は右肩上がりに好調への道を進んでいる畑岡奈紗の様子を

レックスに聞きました。

 

 

 

(テキストは以下をご覧ください。)

(みほ)サンフランシスコの試合の放送が終わったばかりのレックスに聞きました。

 

(レックス)リディア・コの勝負強さ。いったん優勝争いに絡んだ時、

彼女の場合はスイングうんぬんよりも自分の本能に忠実にリアクトして

戦っていたように思います。生まれ持ってのチャンピオンの資質を感じました。

 

(みほ)スランプだと言われていて、ここのところまた強いリディアの姿が

見られるようになりましたが、スランプからの立ち直りの要因は?

 

(レックス)幾度ものスイングチェンジで自分のゲームが見えない状態が

続いていたと思いますが、まだもう少し自分のものになるまでには

時間がかかるかと思います。

今回は、トーナメントのコースがリディアのショートゲームのうまさを

存分に発揮できるセッティングだったので彼女は勝ち抜けたと思います。

さらに、優勝争いに絡んだ時に彼女の勝負強さも現れて

素晴らしい勝ち方だったと思います。

ボールストライキングに関しては、

だまだ厳しいものがあるかと私は思っています。

 

(みほ)体力的にはどうでしょうか。体つきも随分変わりましたが。

 

(レックス)トレーニングをかなりして外見は小さくなったように見えますが、

かなり筋肉質になっています。身体が強くなったから、逆にロングショットでは

上体の力が強すぎます。彼女の強さはショートゲームなんですが、

ショートゲームではその上体の強さよりも柔らかさが存分に出ているので

まったく問題ありません。でも、ショットになれば上半身の強さが出始めるので

ボールが曲がりそうに思います。距離はできていますね。

 

(みほ)リディア・コが強くなってきたことでLPGA Tourの上位争いも

また面白くなってきそうですね。

 

(レックス)もちろん、面白くなりますね。

ただ、リディアがトータル100週間以上ランキング1位になっていた頃の強さが

戻るかと言ったら、それはかなり懐疑的ですね。

 

(みほ)まだリディアは21歳だし、伸びしろもまだまだあるかと思いますが。

 

(レックス)伸びしろはありますね。

 

(みほ)畑岡奈紗さんは調子を上げてきているように思いますが

レックスはどう見ていますか。

 

(レックス)随分、調子が上がってきてますね。

去年とはすごく違っています。

ハワイ、今週とすでに2回優勝争いに絡んだのは

彼女にとっても自信になると思います。

どこかでブレイクしてほしいし、ブレイクできる予感がします。

 

(みほ)スイングの不安もだいぶなくなってきているのでしょうか。

 

(レックス)彼女の中ではなくなってきているんじゃないでしょうか。

もちろん終盤にミスは出ましたが、そのミスも誰にでも起こるミスだから、

それをどう受け止めるか。私はそれをポジティブに受け止めてほしいんですが。

 

(みほ)ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。