障害物を回避する打ち方2~スライスボールを打つ

■3■ 障害物を回避する打ち方2~スライスボールを打つ

 

障害物がボールの前方にあるとき、
フックボール か スライスボール で
それを回避する方法を考えます。

今回は障害物の左側からしかボールが打てない場合です。

たとえば、この写真の状況では、
前方に大きな木があってグリーン方向に
まっすぐにボールが打てません。

右サイドは木がたくさんあって打てず、
左サイドのフェアウェイサイドからボールを
まわしてグリーンを狙うことができますね。

 

フックボールに比べスライスボールを打つほうが
はるかに難しい
ですが、
基本的な打ち方を覚えて、
練習場などで意識的にスライスを打つ
練習をしてみてくださいね。

 

では、スライスボールを打つためのポイントです。
わざと大げさにスライスボールを打つ打ち方です。

①クラブフェースをボールを最終的に打ちたい
目標方向にセットする。
②アドレスは打ち出したい方向にセットする。
③アドレスを取った方向にいつもどおり
スイングする。

 

基本的にフックボールの打ち方と
まったく逆のことをします。

 

スライスボールの打ち方でーす。

①クラブフェースをボールを最終的に打ちたい
目標方向に向けてセットします。

ここでは木の真裏にあるグリーンに向けてセット。
これはフックボールの時と同じ。

 

クラブ選択は、
スライスボールを打つためにフェースを
意識的に開いてセットするので、
ロフトがついて距離は飛ばなくなります

また、ヘッドスピードも落ちるので
曲がり幅が大きいほど距離もでなくなります。
なので、大きめのクラブを選択してください。

 

 

次にスタンスの取り方です

クラブフェースを①でセットした方向に向けたまま、
スタンスはボールを打ち出したい方向にとります。

ここでは前方の高い木の左側に向きます。
具体的には赤丸で囲んだ木を目標にして
立ちます。

足、腰、肩はすべてこのスタンスの方向に
真っ直ぐにセットします。

 

正面から見たら、
かなりクラブフェースが開いて構えている
のがわかりますね。

ボールの位置はいつもよりも右側になります。

慣れないととても違和感のある構えですが、
これでいいんです。

 

 

あとは、
今とっているスタンスの方向に
スイングをするだけです。

クラブはスタンスの方向に振るのですが、
実際はその方向よりももっと左にクラブを
振りぬくイメージで振ってください。

ここがポイント!
フェースを開いたものを振ると
無意識にフェースを返したくなるので、
左肘を左に抜くくらいの気持ちで振ると
ちょうどいい感じになります。

左手の甲をずっと自分の方向に向けたまま
フィニッシュをするイメージです。

 

ロフトのあるPW以下のクラブのフェースを
開いて使うと、

いきなり右へボールが飛び出しやすいので、
できるだけロフトのないクラブで
トライしましょう!

 

 

いつも言ってますが、練習でまっすぐな
ボールを打つばかりではなく、
わざとフックボール、スライスボール、
低い球、高い球などいろんな球筋の
ショットを打ってボールを操ることを
楽しんでください。

きっとコースに出たときに役に立ちますよ。

(by REX)