⑫ミスを最小限にできるランニングアプローチ法

■12■ ミスを最小限にできるランニングアプローチ法

 

グリーン周りからのアプローチで
頻繁に使うアプローチのひとつに
ランニングアプローチがありますね。

つまり、できるだけ転がして
カップを狙う方法です。

パッティングとほぼ同じ感じで打てる
一番シンプルなアプローチです。

 

 

皆さんご存知と通り
ランニングアプローチの基本は、
スタンスをやや狭くとり、
ボールは真ん中から右足寄りにセット

グリップエンドがボールよりはもちろん、
常にクラブヘッドよりも先にある
(ハンドファースト)状態で打ちます

けっしてボールをすくい上げる動きは
してはいけません。

 

 

このランニングアプローチですが、
ライが芝の薄いところや土の上などで
状態が悪いところにボールがあって、
ダフったりトップしたりしそうなときが
ありますよね。

 

そんなとき、
ミスを最小限にできる打ち方があります。

 

 

それは、クラブを立てて使う打ち方です。(写真B)

 

 

①基本形(写真A)とくらべて、
スタンスはもっとボールに近づいて立ちます。

②クラブヘッドを普段よりも立てて構えます。

 

普通はクラブフェースのソール部分全部が
地面に接するように 構えますが、
今回はヒール側を浮かして
トウ側だけが地面と接するように構えます
↑ここがポイント!

 

③打ち方はパターと同じように
振り子の要領でストロークします。

 

こうすることによって、クラブヘッドが
地面と接する面積を少なくして
ヘッドが滑りやすくし
ボールだけをヒットしやすくなります

 

ただし、
普通にランニングアプローチする時よりも
ヘッドスピードが出にくいので
飛ばなく(転がらない)なりますので
そのことを頭において強さを調節してください。

 

少々変なライからでも
うまくボールをヒットできます。

どのクラブを使っても同じように打ちます。

 

これは、ライが悪い時だけでなく、
緊張して手が動きにくくなったとき
でも大ミスはしない方法ですよ。

 

Let’s try!

 

おまけ・・・・

もちろん、アイアン以外にパターや
フェアウエイウッド、
ユーティリティクラブを使って
ランニングアプローチする(転がす)
選択肢もあります。

一番自分で信頼できる方法で
アプローチしてください。

(by REX)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。